新車購入時にかかる諸費用

新車を購入すると言っても、掛かるのは車体の価格だけではありません。車を所有するには、いろいろな費用が掛かります。

 

一般的に、新車購入の場合、車体価格の一割から二割の諸費用が必要になってきます。新車を買うための予算には、必ずその分も含めるようにしましょう。

 

では、新車を買う時にかかる諸費用とは、どんなものがあるでしょうか。主なものは、税金、保険、検査や登録などの手続きに掛かる費用、リサイクル料などです。

 

税金は、消費税や、自動車税、また、自動車重量税、自動車取得税などです。保険は、自賠責保険は必ず加入しなければなりませんし、任意保険も入っておけば安心です。

 

また、検査や登録の手続き代行費用には、納車費用や車庫証明取得の代行にかかる費用が含まれることが多いですが、この部分はサービスしてくれる販売店も多いですから、交渉してみる価値はあります。

 

この他に掛かる費用には、ナンバープレート料や預かり法定費用(検査登録の際の印紙に掛かる費用)があり、値段は住んでいるところにより異なります。

 

新車購入までに乗っていた車があり、それを下取りしてもらうなら、その査定費を取られることもあるようです。

 

このような新車購入に掛かる諸費用は、車体価格が高ければ高いほど上がりますから、事前にお金の準備をしておかないと、支払いの時に思わぬ出費をすることになります。

 

諸費用ということで、内容をよく確認しないで支払ってしまう方も多いと思いますが、交渉しだいでカットできる費用もありますし、おかしな費用を請求されるケースもあるようなので、しっかりチェックしてから支払うようにしたいですね。

今の車を売って乗り換えるなら

車を売るなら少しでも高く買ってもらいたいものです。
フォームに入力するだけで以下の査定業者を含め一括で無料査定を受けることができます。
大手買取業者がのほとんどが参加していますのであなたの車の正確な査定額がわかるでしょう。

今や一括査定は常識になりつつあるのでこういったサービスを上手く利用することで賢く乗り換えをすることができますよ。

一括査定できる車買取り業者